通学の際に子どもに持たせたい防犯グッズ

子どもが小学校へあがると、子ども達だけで学校へ通うことになります。また、それに伴ってだんだんと子ども達だけで行動する範囲や時間なども多くなります。そういった子ども達を狙った悪質な犯罪は減ることはなく、親御さんも常に心配ごとが絶えないことでしょう。 そんな時に、子どもへの安全対策としてまず思い浮かぶことは、防犯グッズを持たせるということです。最もポピュラーなものとしては、身の危険を知らせるブザーや子ども用の携帯電話などが挙げられます。ここでは、それらの効果的な選び方や注意点などについてご紹介します。

危険から子どもを守る防犯ブザー

まず手軽に子どもに持たせられるものとして選ばれやすいのがブザーです。ピンを引き抜いたり、ボタンなどのスイッチを押すことなどによって、大音量で周囲に子どもの身の危険を知らせることができます。しかし、ここで気を付けたいのがその選び方についてです。音が小さく、周りに気づいてもらえないのでは意味がありません。操作しづらい物も、いざという時に素早く作動させることができず、その機能を成しません。そのため、見た目がかわいいなどといった理由だけで選ばず、きちんと動作や音量などについて確認した上で購入するべきです。 通学の時に便利に使えるものとして、ランドセルカバータイプの商品もあります。ランドセルは子どもを連れ去ろうとする不審者から最も狙われやすく、つかみやすいものとなっています。そこでこのランドセルカバーを使用していれば、ランドセルをつかまれてカバーが外れた際に大音量のブザーが自動的に作動し、子ども自らがブザーを操作せずともその効果を果たします。子ども自身の操作によってもブザーが鳴るため、いざという時に安心です。

子ども用に携帯電話を持たせる

最近ではGPS機能によって子どもの現在地を知ることができたり、連絡を取り合うことができるといった安心面から、子どもに携帯電話を持たせるという親御さんも増えています。携帯電話の各種キャリアからも、子ども用として機能を制限したキッズ携帯なども販売されています。大人用の携帯電話では小学校に入学したばかりの子には操作が複雑であることや、インターネットや電話など通信料金の面でもリスクがあります。 そのため、トラブルに巻き込まれるのを防ぐという観点からみると、キッズ携帯を持たせるという判断をする方も少なくありません。こうしたキッズ携帯は操作もシンプルで、子どもにも使いやすいものとなっています。ただし、学校によっては校内に携帯電話を持ち込むことが出来ない場合もあるため、通学の際に持たせる場合には事前に確認しておくことが重要です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加