子供の防犯を守る上で大切な通学時の対策

思いもよらない場所で子供が危険な目に合う機会が増えています。特に、普段歩き慣れた通学路などで危険な目に会う場面も少なくありませんので、日頃から対策を心がけておくようにしましょう。地方自治体によっては、集団で登下校をするように周知をしている自治体もありますが、遅れて行ったり、友達がお休みの場合など必ずしも誰かと一緒に登校することが出来ない場合もあります。 また、冬場はまだ早い時間帯であってもすぐ暗くなってきますので、暗い道を一人で帰る場合には気をつけるように日頃から家族で話し合う機会を持つようにしましょう。学校でも入学時に安全に登校する為に説明を設ける自治体もありますので、良く聞いておくようにしましょう。学校と家庭での協力関係が重要になります。

子供でも分かりやすい防犯対策が重要

まず、ブザーは現在最も普及した防犯対策グッズの一つになります。子供でも機能が分かりやすく、使い方も分かりやすいので、学校で持たせるように指示をしている自治体も少なくありません。デザインもキャラクターのものなど見た目に可愛らしい製品も多く販売されていますので、子供が嫌がらずに持ってくれます。ランドセルの目に付き安い場所に付けておくようにしましょう。不審者から見ても、目につきやすい場所に付けていれば、そのようなグッズを持っていることがすぐに分かるので狙いにくくなります。 また、普段から万が一危険な目にあいそうになった時にはどのようにブザーを鳴らせば良いのか子供に教えておくようにしましょう。いざという時に慌てずに確実に使うことが出来る事は大切です。

危険なルートは学校や保護者で共有する

通学の際に、草が茂っていたり、空き家が多い地域などは、普段から危険な場所には近づかないように子供に伝えることが大切です。しかし、最近ではショッピングセンターのような人通りが多い場所でも不審者による子供への声かけが発生する時代です。何か危ない目に合いそうなったり、怪しい人を見たという情報は保護者の間で共有するシステムを作っておくようにしましょう。 また、このぐらい大丈夫だろうと過信せずに、何か普段と違うことが発生すれば学校へも情報を提供しておくことが大切です。普段から学校や保護者の間で情報を密に取り合うことで、未然に危険を未然に防ぐことに繋がってきます。子供の安全は周囲の大人が見守ってあげなければならない時代です。自分の子供も含めて、地域の子供たちの安全を確保するようにしましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加