通学時に防犯ブザーを持ち歩くことで得られるメリット

通学をしていると、不審者に遭遇することがありますが、ブザーを持ち歩いていることでその不安を取り除くことが出来ます。一人で歩いているときに不審者に遭遇した時、とっさに逃げたり大声を出すのは意外と難しいといわれていますが、すぐに手の届くところにブザーをつけていれば、近づいてきた不審者を撃退するのに役立ちます。 通学中に不審者に遭遇するケースは確率的にはそれほど多くはありませんが全国の不審者情報は近年増加していますし、年々凶悪化していますので、不審者に遭遇して被害を受けないためにもブザーの携帯が推奨されています。学校によっては無料で配られるところも多くありますが、いざという時に使うことが出来るようにこまめに電池や故障のチェックをすることが推奨されています。

登下校中に不審者に遭遇した時のための対策

防犯ブザーは学用品の販売店や専門のショップなどで購入することが出来ます。ボタンを押すタイプや栓を引き抜くタイプなど、使いやすいタイプが手ごろな値段で販売されています。最近ではスマートフォンや携帯電話にそうした機能を付けたタイプも人気で、子供用の携帯端末にブザーの機能が付加されたものが小学生に人気です。 不審者にあった時には小学生や中学生の場合、咄嗟には声を上げたり逃げることが出来ないケースが多くありますが、まずは距離を取るように教えましょう。そしてブザーを鳴らしたり、声を出して助けを求めるようにします。可能であれば家で練習しておくことも大事です。家族みんなで不審者対策を話し合うことで子供の危険に対する意識も高まります。

不審者に遭遇した時に役立つブザー

登下校中に不審者に遭遇したことがあるという子供は少なくありません。実際市や県の防犯情報を閲覧すると、毎日のように街のいたるところで不審者が出ているケースが見られます。露出狂や声掛けなど、不審者のタイプは様々ですが、ブザーを持っていることでそうした不審者に遭遇した時の備えにすることが出来ます。 ブザーは実際に使ったときに非常に大きな音が鳴るのが特徴で、大人であればかなり遠くにいても音が聞こえる仕組みになっています。いざという時の為に持っているだけでなく実際に使い勝手の良い場所に設置しておくことも重要と言われています。街や行政などでパトロールをしていても不審者情報があとを絶たない現代社会では、こうした安全対策のグッズの需要が高まっています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加