子供の通学時に有効な防犯の方法

昨今、子供の誘拐という犯罪がニュースなどで報じられています。そのため、特に子供を小学校に送り出す親御さんは、我が子が誘拐などの犯罪に遭わないか危惧される方が多いものです。犯罪者は、子どもに対して「道案内をしてほしい」「お母さんが呼んでいるから、連れて行ってあげる」など言葉巧みに子供に接近してきます。純粋無垢な子供は大人の言うことをすぐに信じてしまうので、防犯を意識させる事が大事と言えます。
ある統計によれば、子どもが誘拐に遭うのは通学路が圧倒的に多いということです。特に登校時間である8時台、下校時間にあたる午後3時から5時頃に連れ去りは集中して起こっています。なので、自宅から学校へ行く道すがらは、防犯を子供に徹底的に指導する必要があります。

子供を一人にさせないことが大事

誘拐という犯罪から子供を守る為には、なるべく子供を一人にしない事が大事です。そもそも小さい子どもでもたくさんの友達といることで、不審者としては声がかけにくくなるからです。その理由は、無理やり子供を連れ去ろうとしても、一緒にいた子どもが周囲に危険を知らせることができるからです。また、顔を他の子供に見られるリスクも高く、やすやすと悪いことはできなくなります。したがって、通学の際は、どんなに短い距離、時間であっても近所の友達と一緒に登下校するように徹底させたほうが良いです。
また、誘拐犯は子供が簡単に信じてしまうような誘い言葉で簡単に連れ去っていきます。したがって、知らない人の誘いには決して耳を貸さないように徹底させることも防犯面では重要と言えます。

明るい道を通るように指導する事が大事

小学校の高学年になると、部活動の関係で夜遅くに帰宅することが多くなります。特に冬の時期はあたりが暗くなるのが早く、それだけ犯罪に遭う確率が高くなるというわけです。子どもの安全のためには、保護者ができるだけ送り迎えする事が大事です。
ただ仕事や家事などの忙しさから、さすがに毎日、学校にまで迎えに行けないという家庭が多いです。そうした場合は、自宅まで少し遠回りになろうとも、子供にはなるべく明るくて、人通りの多い通学路を通って帰るように指導する事が大事です。もちろん、知らない人と気安く話さないように注意します。
それと、万が一、夜道で不審者に遭遇した場合に備えて、スーパーやコンビニなどいざという時に助けを求められる場所を一緒に確認しておくといいです。

新しく端末等を準備する必要がなく、見守りサービスが利用できます。 ホームページでは、サービスの情報だけでなく、子どもへの声のかけ方など、子育てに関わる情報も配信してます。 電車を利用する際に必ず使う「ICカード」で見守りができます。新しい見守り用の端末の購入は不要ですのでご安心ください。 当社の見守りサービスは、JR東日本とセントラル警備保障の共同事業となります。 通学時の子供の防犯にまもレールのサービス利用で安心通学

  • このエントリーをはてなブックマークに追加